HOME > お知らせ一覧 > カテゴリー別アーカイブ: 所得税

Q.確定申告書の提出期間は?(平成28年分→平成29年提出)

2017年02月01日
A.平成29年2月16日(木)から3月15日(水)までです。 <通常は・・・> 平成28年分の確定申告書は平成29年2月16日(木)から提出することができます。 確定申告書の提出後、3月15日(水)までに所得税の納付を行います。 なお、3月15日(水)までに振替納税(銀行での引落し)の手続きをしますと、4月20日(木)に指定した銀行より引き落とされます。 <例外として・・・> 還付を受けることになる確定申告書については2月16日(木)以前であっても提出が可能です。 既に提出は可能となっております。 例えば、サラリーマンの方で、医療費控除や今年から住宅ローン控除の適用がある方は還付となる可能性があり…

Q.(確定申告)セラミックを使った歯の治療は医療費控除の対象となる?

2016年11月22日
A.対象になります。 先日、顧問先様からあった実際のお問い合わせです。 セラミックを使った歯の治療は保険適用外のため、医療費控除は受けられないのではないかとのご質問でした。 保険の適用があることと医療費控除とは全くのイコールではなく、あくまでも治療に要したかどうかがポイントになってきます。 また、セラミックは一般的な治療に使われるものですので、通常の治療範囲内のものとして医療費控除が認められます。 他に金を使った治療も保険は適用外ですが、医療費控除は認められております。  

Q.受け取った生命保険金にかかる税金は?

2016年08月15日
一口に「生命保険金」と言っても、その受け取ることとなった原因や、誰が保険料を支払っていたかで、かかってくる税金の種類が異なります。 (登場人物)  ・A:死亡した人  ・B:保険金受取人  ・C:A、B以外の人 <死亡保険(A死亡により受け取る生命保険> (1)Aが保険料を負担していた場合・・・Bに相続税がかかる (2)Bが保険料を負担していた場合・・・Bに所得税がかかる (3)Cが保険料を負担していた場合・・・Bに贈与税がかかる 一見ややこしいようですが、お金の流れを考えると分かりやすいと思います。 (1)は一般的な生命保険金です。被相続人Aが遺族のためにかけた保険金です。 被相続人のお金が受取…

Q.(確定申告)レーシックの費用は医療費控除に使える?

2016年01月23日
今年も所得税の確定申告の時期となりました。 原則的には平成28年2月16日(火)から3月15日(火)までが申告期限ですが、申告書の提出により納付でなく、還付となる方は2月16日(火)以前であっても提出することができます。 この確定申告の期間によく医療費控除についての質問があります。 病院や薬局の領収書を集めてはみたものの、医療費控除の対象となるのかならないのか、その判断には迷うものが多々あります。 保険診療の対象外であるからといって、全てが医療費控除の対象外となるわけではなく、あくまでも「治療」のためにかかった費用であるかどうかによります。 今回は中でも質問が多く、また勘違いさ…

Q.他の病院で治療するために発行された「紹介状」は医療費控除の対象となる?

2015年09月23日
<結論> 治療のために必要な通常の「紹介状」は医療費控除の対象となります。   <説明> 医療費控除の対象となるかどうかの判定に迷うものの一つに、病院から発行される他の病院への「紹介状」があります。 これについては昨年(平成26年)に税務署が文書による回答を示しており、その理由を見ると・・・ 1.A病院がB病院で適切な治療を受けさせるために発行した直接必要な費用であること。 2.紹介状の発行は医療機関の間で通常行われる行為であり、B病院で治療するため特別な行為ではないこと。 3.今回の紹介状の発行費用も、特別に高額でないこと。 が挙げられています。 つまり、通常…